手強い更年期障害の実情【乱れるホルモンバランスにご用心】

医者

女性ホルモンと更年期

辛い更年期障害の症状を緩和させませんか?顔のほてりが生じるようになると注意が必要。人気のあるサプリもここで紹介しましょう。

女性

更年期障害は更年期に発生する様々な症状であり、日常生活に支障をきたす場合もあります。閉経が近づくと女性の身体は次の時期へ向けて準備に入るため、一時的にホルモンバランスが乱れます。成熟期から老年期に移行するにあたり起こりますが、更年期障害の症状の出方には個人差があります。更年期障害が疑われる場合は、まず婦人科か女性外来を受診しますが、他の病気が隠れている場合もあるのです。更年期障害に似た症状が出る病気は高血圧や脂質異常、糖尿病や甲状腺等の病気です。また中年女性に多いとされる更年期障害ですが、近年は若い女性や働き盛りの男性の患者も急増しています。当てはまらないと決めつけず、不安がある場合は一度専門外来を受診すると良いです。

更年期障害を改善するために必要なホルモンがエストロゲンです。エストロゲンの分泌量が減少すると、自律神経が乱れて更年期障害を引き起こす可能性があるのです。なぜかというと、エストロゲンには自律神経のバランスを整える、骨密度を維持する、善玉コレステロールを増やす働きがあるからです。また脳細胞も活性化するため、心身のバランスに欠かせない重要な働きを有しています。エストロゲンは脳から指令を受けて卵巣が分泌しますが、機能が衰えてしまうとホルモンが作りにくくなります。卵巣がホルモンを作れないと、エストロゲンを出すよう脳から指令が出されます。しかし、卵巣の機能が衰えているので身体は指令に答えることができません。その矛盾が自律神経を狂わせてホルモンバランスの乱れを引き起こします。最初は体調の異変と感じても、この状態が長引くとストレスが溜まり、心身が疲れ果ててしまうのです。

睡眠時の呼吸トラブル

看護師

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に無呼吸になる病気です。睡眠時に無呼吸になると酸素不足になるため、体や脳が休息できず日中に眠気や倦怠感が起こり日常生活が困難になり、生活習慣病のリスクも高まってしまいます。この病気は働き盛りで生活習慣の乱れた肥満傾向にある男性に多くなっており、適正体重の維持、飲酒、寝姿勢等で予防を図るのが良いでしょう。

詳細

診療時間内に受診をする

院内

都筑区の内科選びの際には、ドクターの人柄で選んでみたり、予約制のシステムがある病院を選ぶといいでしょう。待ち時間も回避することもできますし、印象がいい先生であれば、質問もしやすいです。また診療時間外に受診をすると、症状によっては、翌日診療時間内に受診する事もいい場合もあります。

詳細

関節が破壊する病気の治療

女性医師

年を取って免疫力が低下すると、全身の関節が破壊される関節リウマチを患う人が増加します。世田谷の整形外科では、認定リウマチ医による専門的な治療が保険診療で受けられ、関節リウマチを完治させることができます。

詳細